こんなものにまで盗聴器が?盗聴器の仕掛けられやすい場所


盗聴器の仕掛けられやすい場所

自宅に仕掛けられたら人を信じられなくなりそうですし、何より犯人がわからなければ気持ち悪い。
犯人を突き止めてお縄にしたいのが盗聴器ですが、年月が経過すると共に種類もどんどん増えているようです。

まず素人目には、見分けるのが難しそうですが、盗聴器発見機によってある程度は発見はできるようです。

よく知られるタイプはコンセントタイプ。買った覚えがないのに、いつのまにか自宅に増えているということがあったら疑ってみることです。
通電することによって盗聴器として作動します。アダプターも盗聴器としやすい道具です。
リモコンについても、何のリモコンかわからないものが置いてあったら盗聴器を疑ってみることです。時計はアナログでもデジタルでも、内蔵することができますのでこれも注意です。
日常で何気なく使うようなものに、盗聴器が内蔵してあるということになります。

小さな家電製品ばかりではありません。電気を通すことのできる家電ならどんなものでも盗聴器として機能するようになりますし、盗撮の小型カメラが付いていれば、プロでも見分けがつきにくいようです。
電気製品だけでなく、まさかこんなところにもというのはあることで、ぬいぐるみの中だったり、壁や床の中に仕掛けられていることもあります。
家屋の建設中に、何者かが知ってか知らずか仕掛けるということも最近では考えられることです。